M・DESIGN M・DESIGN BLOG

M・DESIGN BLOG

|PAGE-SELECT|

ありがとうございました。

本年も大変お世話になりました。
おかげ様で1年間途切れることなく
お仕事をさせていただくことができました。

施主の方々、
それからサポートしてくださった方々に
心より感謝を申し上げます。

エム・デザインを立ち上げて約2年。
今年はたくさんのフルリノベをやらせていただき
弊社にとっては節目の年になったと感じています。
忙しいながらも色々と勉強になる1年でした。

有難いことに
来年も初頭からまた新しい現場が入っています。
引き続きお客様の「住みたい部屋」をかなえる
そんな会社でありたいと思っています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様も良いお年をお迎えください。


エム・デザイン株式会社
代表 藤原真紀子



いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. DIARY
  3. | 15:30
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

クリスマスは『世界一の朝食』で

今日は仕事を離れた話題で。

クリスマス、
横浜赤レンガの『bills』に行ってきました。
『世界一の朝食』を供するお店として有名。
シドニーのカジュアルダイニングですが
何年か前に七里ガ浜に出店して
以来日本でも絶大な人気を誇っています。

その後、横浜、お台場、表参道にも出店。
今や4店舗あるのに相変わらずの行列。

ましてやクリスマスだったので
これは絶対大行列だ!と
気合いを入れて朝8時に到着。

赤レンガ倉庫にもツリーが。
xmas_001.jpg

そして予想通りの行列。
開店前で100人は並んでました。
xmas_002.jpg

遠くから見た100人行列(笑)
xmas_007.jpg

す、すごい…。

そして、さ、寒い…(笑)

行列の合間に写真を。
ここにも船舶用照明が。
xmas_003.jpg

こういう使い方もいいですね~。


やっと入店。
xmas_004.jpg

屋内だけでも80席以上あるのに
あっと言う間に満席でした。


『世界一』のスクランブルエッグ。
xmas_005.jpg

もう一つの名物がリコッタパンケーキ。
もちろん注文したのですが
写真を取るのを忘れてしまいました…。

なので別の情報サイトから拝借~。
xmas_006.jpg

ここのパンケーキ、
本当に美味しいんです!
機会があればぜひ食べてみてください。


いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. DIARY
  3. | 19:29
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

大倉山、キッチン設置です

大倉山のマンションリノベ。
大工さんの工事はおおかた終り
本日はキッチンの設置です。

新築のマンションや
普通のリフォームの場合は
システムキッチンが主流です。
たしかに使い勝手は良いのですが
個性的な住いを求める人には
今ひとつ面白味がありません。

そんな時、エム・デザインでは
ステンレスのオーダーキッチンを
お勧めしています。

大倉山のマンションも
ステンレスのキッチンを採用。

オーダーしたキッチンは
ステンレス屋さんに持って来てもらい
お部屋まで設備屋さんと一緒に搬入。

ガスコンロを設置する部分には
あらかじめ穴をあけておきます。
okura_025.jpg

そして壁にキッチン本体をビスで固定。


その後、ガスコンロをはめ込みます。
okura_023.jpg

リンナイの4口コンロ。
シンプルでスタイリッシュなコンロ。
ステンレスの天板にはぴったり。


ちょっと離れて見たところ。
okura_024.jpg

キッチンの天板を大き目にとって
ちょっとしたカウンターにしています。
ハイチェアーなどを置けば
簡単なお食事はキッチンで済ませれます。

またデッドスペースとなる廊下も
こうすれば有効に活用できます。


あとは水栓やレンジフードを取り付けて
形になっていきます。

リビングから続くオープンキッチン。
明るく気持ち良い空間で
楽しくお料理ができそうです。


いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 大倉山リノベ
  3. | 23:09
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

白金台邸「cafe」スタイルリノベ、画像追加

とっても遅くなりましたが、
白金台邸、入居後の画像をアップしました。
ホームページのリノベーション事例のページです。
コチラから入れます。

『ReLife+』掲載用に撮った画像です。
さすがにプロが撮った写真は綺麗ですね。

_D3_5866raw.jpg


弊社で施工した物件、
施主さんのご了解が得られたお部屋は
入居後の様子も順次ご紹介していきます。

お楽しみに。


いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. another
  3. | 21:50
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

大倉山リノベ、順調です

大倉山のリノベーション。
本日も木工事の真っ最中です。

バルコニー側から見たところ。
okura_020.jpg

画像右側が寝室・クローゼットとの仕切り壁。
ポカっと空いているところには
ドアを取り付けるのですが
男前なドアにする予定ですので乞うご期待。


そしてクローゼット側から見たところ。
okura_021.jpg

フローリングの敷設も始まってます。
大倉山邸の床材はナラ無垢材。
木目がしっかり出ていて濃淡も綺麗です。

そして収納部分の造作などにも着手。
右手に見える棚板は天井から吊っています。
棚板の下にはエムデザイン定番となった
ガス管のハンガーパイプを取り付けます。

年の瀬も押し迫ってきましたが
来週も引き続き大工さんが頑張ってくれます。



いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 大倉山リノベ
  3. | 23:10
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

アイアンのファニチャー

サイトでもご紹介している
浜田山ヴィンテージマンション

こちらの施主さんに教えていただいた
アイアン製のファニチャーを制作する工房。
高知県にある会社です。


浜田山邸ではこんな感じで使っています。
_1DX0158a.jpg

ペーパーホルダー
ペーパーストック
タオル掛け
ブックシェルフ

全て同じ工房のものです。
かなり無骨でスタイリッシュ。

_1DX0126a.jpg


浜田山邸を見学された
白金台邸の施主さんもいたく気に入り
幅1.5mのブックシェルフをオーダー。
取付は弊社でやらせていただきました。

DSC00205_convert_20121201140723.jpg

DSC00206_convert_20121201140749.jpg


さらにワゴンもオーダーされたそうで
その画像も送っていただきました。

DSC00481_convert_20121216233005.jpg

DSC00489_convert_20121216233231.jpg

実はこのワゴンの天板は
無垢フローリングの床材です。
弊社からサンプル品をご提供しました。

床材はケース単位での購入なので
使い切れずに少し余ることもあります。
そんな時に余った床材で家具を作る。
そんなことも可能です。
床材と家具の意匠を合わせる
という目的以外にも
コストやエコという観点からも
ぜひお勧めしたい方法です。

例えばアイアンの脚と
余った床材を組み合わせてテーブルを作る。
そんなご提案もしていきたいと思っています。



いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. another
  3. | 22:26
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

大倉山リノベ、木工事中です

大倉山のマンションリノベ。

解体→スケルトン状態→設備工事と進み
現在は大工さんが木工事中です。

スケルトン状態とは
コンクリートの躯体だけにした状態。
一度全ての設備や床・天井などを解体し
そこから新たに部屋を作っていきます。

床の下地と天井もほぼでき上がり
現在は間仕切り壁を作っています。
okura_018.jpg

ここは寝室とリビングの間、
ウォークインクローゼットのあたり。

壁を作りながら、ボードを貼る前に
スイッチやコンセント等を配置します。
okura_019.jpg

今週いっぱいは木工事が続き
来週はキッチン・ユニットバスなどの
設備工事と塗装が入ります。

そこまで行けば
完工はもうすぐです。



いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 大倉山リノベ
  3. | 23:04
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

大倉山リノベ、配管工事

大倉山のリノベーション、
今日は配管工事の様子をご紹介。

大倉山は配管も新しくします。
バルコニー側から玄関側を俯瞰。
okura_015.jpg

こちらのお部屋は上げ床なので配管は床下に。
ピンクの管はお湯、ブルーはお水の配管です。
マンションのメーターボックスから
お風呂、トイレ、洗面、洗濯、キッチン、給湯器に
それぞれ引き直します。


こちらは洗面所部分。
okura_016.jpg

お湯、お水の配管にプラス排水管がみえます。
グレーの管です。
正面には洗面台がつき、右側にはお風呂を設置予定。
手前には洗濯パンが取付きます。
排水管は勾配を取りながら切り回していきます。


少し離れて見るとこんな感じに。
okura_017.jpg

右奥にユニットバスが設置されます。
ユニットバスを設置する時には
メーカーさんと設備屋さんが一緒に施工。
これを合判といいます。
基本的にはメーカーさんが組み立てて、
途中途中で設備屋さんが配管を出したり。
という工程を経て出来上がりです。


いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 大倉山リノベ
  3. | 20:53
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

リノベとDIY

今、書店に並んでいるBRUTUS Casa。
リノベとDIYの特集です。

casa_001.jpg

エム・デザインの物件が載っている
というわけではないのですが
カッコいいお部屋がいっぱいあって
参考になりますのでご紹介。

casa_002.jpg

casa_003.jpg

新築のピカピカの家だけではなく
古いマンションや古い家屋に手を入れて
自分の好きな住いを作っていく。
そういうスタイルが定着しつつある。
そんな気がします。


古材を使ったDIYなども紹介されており
エム・デザインでも余った資材を使って
ちょっとした家具を作ってみたり
なんてことにもチャレンジする予定です。
乞うご期待。



さて大倉山リノベですが
順調に工事は進んでいます。

今では当り前になったお風呂の追い炊き。
古いマンションには無い設備の一つです。
単にユニットバスを変えるだけではだめで
追い炊き用の配管が必要になります。

今回は給湯器と共に配管も一新。
okura_012_20121214215424.jpg


築年数が経ったマンションは
配管の老朽化により漏水する恐れもあるため
リノベの際には専有部分の配管を全て交換する
という事をオススメしてます。
見えない所だからこそ、この機会にしっかり施工。
というより、むしろこの機会にしかできません。



いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. another
  3. | 22:11
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

大倉山リノベ、順調です

横浜市港北区の大倉山マンションリノベ。
順調に工事は進んでいます。


今日はリノベ後の図面をご紹介。

okura_013.jpg

バス・トイレ・洗面の位置は
ほぼ以前の間取りのままです。
キッチンは共用廊下側から
リビングに隣接する位置に移設。

キッチンはステンレスで造作。
前面にちょっとしたカウンターを設け
そこで食事もできるように。

キッチンがあった場所は寝室に。
そして寝室とリビングをつなぐように
オープンのWICを設けることに。
リビングからも寝室からも
クローゼットに出入りできます。

リビングはオーク無垢材。
そしてここにもひと工夫。
バルコニー側にタイルを敷設し
自転車を置けるようにする予定。


バルコニー側に大きなリビング。
ここも快適なお部屋になりそうです。


いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 大倉山リノベ
  3. | 22:40
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

大倉山リノベ、まずは解体です

現況画像を紹介した大倉山リノベ。
いよいよ解体開始です。

まずは解体屋さんに
現場で解体する場所、残す場所を説明。
それぞれ分担を決めていきます。
okura_009.jpg

天井を抜いたところ。
okura_010.jpg

天井裏には電気の配線が走っています。


そして床を撤去したところ。
okura_011.jpg

築年数の古いマンションの床は
直床が多いのですが、こちらは上げ床。
床下地の上にフローリングが敷設。

床下地は状況によって残すケースと、
残さずやり変えるケースがあります。
例えば古くて使えない状態だったり
床と一緒に下地まで剥がれてしまう場合は
全て撤去して新しく敷設します。

ただ全て撤去するほうが
当然費用は高くなってしまうので
予算等に応じて決めていきます。

予算が限られている時は
フローリング材だけを張り替えます。
ただし下地は既存をそのまま使うので
新築と同様、というわけにはいかず
そのあたりの判断は難しいところですが
使えるものは極力使って
予算に合わせて仕上げる、というのも
リノベーションの魅力のひとつです。


ちなみに大倉山のお部屋は
下地の状態があまり良くなかったので
下地も含めて全て新しく敷設します。



いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 大倉山リノベ
  3. | 23:16
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

『都心に住む』に掲載されました

お知らせが遅くなりましたが
サイトでも紹介している
白金台CAFEスタイルリノベ』が
リクルート社の『都心に住む』の
2013年1月号に掲載されています。

toshinnisumu01.jpg

記事は都心での自転車生活がテーマ。
お部屋の紹介というよりも
施主さんの都心生活の紹介がメイン。

toshinnisumu02.jpg

弊社でも一人暮しの方や
DINKSの方の都心リノベが増えてます。

手頃な価格で手に入る都心の中古マンションを
自分の好きなテイストの内装にリノベして住む。
これからの大きな流れになりそうな予感です。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. INFORMATION
  3. | 22:23
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

大倉山リノベ、スタート!

桜新町リノベの記事を書いている間に
すでに次の物件がスタートしています。

東急東横線の大倉山駅から徒歩7分。
築38年の約51平米のマンションです。

現況の図面です。

okura_001.jpg

スクエアな長方形で
リノベーションしやすい形です。

玄関から。
okura_004_convert_20121206215113.jpg

バルコニーに面した部分は
和室と洋室に仕切られています。
okura_006_convert_20121206215208.jpg

和室部分。
okura_007_convert_20121206215233.jpg

キッチンは共用廊下側に。
共用廊下側には窓がないため
キッチンは少し暗い印象ですね。
okura_003_convert_20121206215039.jpg

洗面回りも共用廊下側。
okura_008_convert_20121206215258.jpg


前回の桜新町は築浅だったので
水回りは一部既存を残しましたが
大倉山はフルリノベーションです。

リノベーションという言葉、
最近は一般的になってきましたが
まだまだ定義は固まっていません。

フルリノベの場合は
既存の天井・床・設備等は全て撤去。
いわゆるスケルトン状態にします。
そしてガス・水道等の配管や給湯設備、
電気の配線等も間取りに合わせて再敷設。

リフォームの場合は
設備の交換等、見えるところ中心ですが
フルリノベは見えない部分も含めて
全て新しくして
古いマンションを生まれ変わらせるのです。

大倉山のマンション、
どんなふうに生まれ変わるのか、
乞うご期待!


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 大倉山リノベ
  3. | 22:20
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

桜新町リノベ、照明計画

桜新町リノベ、最終回。

今回は照明のお話を。

桜新町リノベは天井を抜いて
コンクリートの躯体現しにしています。

天井がある場合の照明は
ダウンライトやシーリングライト、
折り上げ天井による間接照明など
いくつかの選択肢があります。
いずれも天井裏に配線を敷設します。

一方で躯体現しにした場合には
天井に直に配線を敷設することになります。

そんな時によく使うのがライティングダクト。
ライティングレールとも呼びますが
当社ではオーデリック社の製品を使用しています。


桜新町のリビングはこんな感じで。
DSC00087_convert_20121202231632.jpg

ライティングレールの利点は
レール内の好きな位置に
照明機器を配置できること。
そして好きな照明を選べること。

オーソドックスなのは
こういったスポットライト型。
キッチンには柄が長いタイプを使用。
DSC00095_convert_20121202231725.jpg


また一般的なE26型口金の電球を
ライティングレールに付けるための
ソケットも市販されています。
桜新町のリビングはこのタイプです。
DSC00117_convert_20121202231910.jpg


さらに引掛シーリング用のソケットも。
別のお宅ですが、こんな感じになります。
DSC00297_convert_20121202231952.jpg

DSC00298_convert_20121202232015.jpg

これを使えば好きなペンダントライトを
好きな場所に付けることも可能です。


最後に玄関の照明。
別の物件でも使用している
船舶用の照明を桜新町でも使用。
DSC00098_convert_20121202231830.jpg

ここはライティングレールではなく
天井に直付けで設置しました。


桜新町リノベのご紹介はこれで最終回。
中村カメラマンに撮っていただいた写真は
近々ホームページにアップする予定ですので
お楽しみに。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 桜新町リノベ
  3. | 20:00
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

桜新町リノベ、完成画像Part3

桜新町のリノベーション、
完成画像の第3弾です。

まずは解体画像でも紹介したダクト。
キッチン部分は剥き出しで走ってます。
DSC00094_convert_20121202143830.jpg

天井や壁と同じ白い塗料で塗装。
DSC00088_convert_20121202143757.jpg

白く塗装すると
無骨な印象はかなり緩和されますね。


続いて主寝室。
元々は独立した和室だった場所を
少し広げて主寝室にしました。

tsurumaki_5.jpg

そして寝室の一部を収納に。
建具などは付けずに
オープンのクローゼットにしました。

リビングからも出入り可能にして
リビング~クローゼット~寝室、と
ぐるっと回れる生活動線を確保。

寝室からリビングに続くドア。
DSC00079_convert_20121202143727.jpg

開けるとこんな感じに。
DSC00108_convert_20121202143953.jpg

リビングとの間には
ガラスブロックを配して明り取りに。
DSC00106_convert_20121202143916.jpg

光を取り入れると同時に
ちょっとしたアクセントになっています。
DSC00075_convert_20121202143633.jpg

白く塗装した壁と天井。
それからザックリしたフローリング。
古木を使ったドア。
柔らかい雰囲気を醸し出しています。


対して
サニタリーはちょっとポップに。
DSC00104_convert_20121202144037.jpg

バス・洗面・トイレは既存を利用。
壁を塗り替えるだけでイメージが変わります。
塗料は英国製のFarrow&Ball 。
色は全部で132色もあります!
選ぶのに迷ってしまいますね。

こうやって一部分だけを
好きな色で塗装することができるのも
リノベーションの醍醐味ですね。



にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 桜新町リノベ
  3. | 21:31
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑
|PAGE-SELECT|