FC2ブログ
M・DESIGN M・DESIGN BLOG

M・DESIGN BLOG

|PAGE-SELECT|

桜新町リノベ、照明計画

桜新町リノベ、最終回。

今回は照明のお話を。

桜新町リノベは天井を抜いて
コンクリートの躯体現しにしています。

天井がある場合の照明は
ダウンライトやシーリングライト、
折り上げ天井による間接照明など
いくつかの選択肢があります。
いずれも天井裏に配線を敷設します。

一方で躯体現しにした場合には
天井に直に配線を敷設することになります。

そんな時によく使うのがライティングダクト。
ライティングレールとも呼びますが
当社ではオーデリック社の製品を使用しています。


桜新町のリビングはこんな感じで。
DSC00087_convert_20121202231632.jpg

ライティングレールの利点は
レール内の好きな位置に
照明機器を配置できること。
そして好きな照明を選べること。

オーソドックスなのは
こういったスポットライト型。
キッチンには柄が長いタイプを使用。
DSC00095_convert_20121202231725.jpg


また一般的なE26型口金の電球を
ライティングレールに付けるための
ソケットも市販されています。
桜新町のリビングはこのタイプです。
DSC00117_convert_20121202231910.jpg


さらに引掛シーリング用のソケットも。
別のお宅ですが、こんな感じになります。
DSC00297_convert_20121202231952.jpg

DSC00298_convert_20121202232015.jpg

これを使えば好きなペンダントライトを
好きな場所に付けることも可能です。


最後に玄関の照明。
別の物件でも使用している
船舶用の照明を桜新町でも使用。
DSC00098_convert_20121202231830.jpg

ここはライティングレールではなく
天井に直付けで設置しました。


桜新町リノベのご紹介はこれで最終回。
中村カメラマンに撮っていただいた写真は
近々ホームページにアップする予定ですので
お楽しみに。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 桜新町リノベ
  3. | 20:00
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑
|PAGE-SELECT|