FC2ブログ
M・DESIGN M・DESIGN BLOG

M・DESIGN BLOG

|PAGE-SELECT|

大倉山リノベ、まずは解体です

現況画像を紹介した大倉山リノベ。
いよいよ解体開始です。

まずは解体屋さんに
現場で解体する場所、残す場所を説明。
それぞれ分担を決めていきます。
okura_009.jpg

天井を抜いたところ。
okura_010.jpg

天井裏には電気の配線が走っています。


そして床を撤去したところ。
okura_011.jpg

築年数の古いマンションの床は
直床が多いのですが、こちらは上げ床。
床下地の上にフローリングが敷設。

床下地は状況によって残すケースと、
残さずやり変えるケースがあります。
例えば古くて使えない状態だったり
床と一緒に下地まで剥がれてしまう場合は
全て撤去して新しく敷設します。

ただ全て撤去するほうが
当然費用は高くなってしまうので
予算等に応じて決めていきます。

予算が限られている時は
フローリング材だけを張り替えます。
ただし下地は既存をそのまま使うので
新築と同様、というわけにはいかず
そのあたりの判断は難しいところですが
使えるものは極力使って
予算に合わせて仕上げる、というのも
リノベーションの魅力のひとつです。


ちなみに大倉山のお部屋は
下地の状態があまり良くなかったので
下地も含めて全て新しく敷設します。



いつもご覧いただきありがとうございます。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. 大倉山リノベ
  3. | 23:16
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑
|PAGE-SELECT|