FC2ブログ
M・DESIGN M・DESIGN BLOG

M・DESIGN BLOG

« PREV|PAGE-SELECT| NEXT »

撮影

ブログで取り上げている桜新町、昨日完工しカメラマンの中村風詩人さんに撮影をお願いしました。
毎回センスのある写真に仕上がります。
こちらの出来上がり写真はまたアップしていきますのでお楽しみに。

image2.jpg


image_20121126184249.jpg


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
  1. |
  2. another
  3. | 08:52
  4. | comments:0
  5. | TOP ↑

家具、入りました Part3

港区白金台の
カフェスタイル・リノベ

今回はキッチンのご紹介です。
位置はリノベ前とほぼ同じですが
水道・ガス等の配管は全て引き直しています。

これがリノベ前のキッチン。
shirogane_5.jpg

古い!
新築当時のまま、でしょうか?
左下の部分、ガス給湯器です。
さすがに使っていないようで
ベランダに再設置されていましたが
今回はそれも撤去して新しいものに。

キッチンの設備、タイル、吊り戸棚、
天井、それから壁のボードも全て撤去。
壁は躯体現し+塗装仕上げに。

そしてリノベ後のキッチンです。
_D3_5766rawT.jpg

システムキッチン等の既製品は使わず
ステンレスのカウンターをオーダー。
サニタリーを当初予定より広くしたため
その分、キッチンの幅が狭くなってしまい
予定していたⅠ型キッチンからL字に変更。
シンク部分には業務用の什器を使用しました。


カウンターの下は業務用冷蔵庫。
shirogane_4.jpg

ホシザキを使いたいという希望は
施主さんから提示されていたので
冷蔵庫の高さに合わせてカウンターを設置。

また右側のシンクについても
カウンターに合わせて高さを調整。

見た目だけではなく
使い勝手も良いキッチンに仕上がりました。


オーダーメイドのリノベーションなら
こんな遊び心満載のキッチンを
自分好みで作ることも可能です。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ

  1. |
  2. another
  3. | 22:38
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

家具、入りました Part2

M・DESIGNのホームページで
カフェスタイル・リノベ
として紹介した港区白金台の物件です。

リノベ専門誌『relife+』に掲載された
家具が入った後の部屋の様子です。


ダイニングゾーン。
shirogane_1.jpg

HPでご紹介した通り、
リノベーションの内容は
無垢のフローリング、
躯体現しの天井、
塗装と一部躯体現しの壁、
という仕上げです。
全体的にザックリとした雰囲気で
家具のチョイスも
部屋に合わせて施主様が選んだもの。

ダイニングのテーブルは
木の節などが残ったままの
荒い仕上げの無垢ウォールナットに
鉄製の脚を組み合わせたもの。

ダイニングチェアは
同じくウォールナット材に
荒くなめした革との組合せ。

オーディオボードは
チークの古材を再利用したもの。
それにアイアンの脚を組合せ。


部屋の雰囲気とマッチした
ユーズド感がある家具で統一されています。

リノベーションと並行して
家具のチョイスも進めていた、とのこと。
どんなインテリアにしたいか、
どんな生活をしたいか、
それをイメージしながら
リノベ計画を進めることも大事ですね。
  1. |
  2. another
  3. | 23:01
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

家具、入りました

M・DESIGNのホームページでは
手がけたリノベ事例をご紹介しています。

大半は竣工直後の画像なので
家具も入っておらず
生活感もない状態です。

ですが
住宅というのは人が住んで
初めて息づき始めるもの。

生活が始まった後、
どんな雰囲気に変わっていくのでしょうか?



秀和シリーズマンションリノベ
としてご紹介した
東京港区南青山の物件です。

minamiao_2.jpg

アメリカ映画の1シーンに出てくる
リビングルームのような雰囲気。


minamiao_1.jpg

壁一面にしつらえた書棚。
こちらはIKEAの製品です。


これからも
リノベーション後の部屋の様子を
お伝えしていきたいと思っています。

  1. |
  2. another
  3. | 21:38
  4. | comments:0
  5. | trackback:0 | TOP ↑

芦花公園、キッチンリノベ

部分リノベの第2弾。

芦花公園のマンションのキッチンを
リノベーションしました。


施工前のキッチンです。
roka_1.jpg

こちらも対面キッチンですが
やはり下がり壁があるタイプです。

このタイプのキッチンは
お客様が来た時などに
流しとか手元が隠せる、
という利点はありますが
一方で見た目は閉鎖的になります。

またカウンターの前の棚や
下がり壁の横の棚など
収納は充実しているものの
こちらも見た目的には
やや雑然としてしまう感が否めず。

今回の部分リノベは
キッチン周りをすっきりと。


まずは現況を撤去。
roka_2.jpg

下がり壁、吊り戸を撤去。
あわせてカウンター前の棚も撤去。


別の角度から。
roka_3.jpg

あっという間にスッキリと。


そして施工後です。
roka_4_convert_20121024221101.jpg

下がり壁があった場所に
ライティングレールを設置。
ペンダントライトを吊るして
手元を照らせるようにしました。

下がり壁がなくなり
カウンターが真っ白になったことで
見違えるように明るくなりました。

手前のライティングレールと
奥のダウンライトは既存のままですが
ずいぶん雰囲気が変わります。

またキッチンの床については
リビングと同じフローリングでしたが
フロアタイルという素材に変更。

ひとめ見ただけでは本物の木材?
と見間違えるくらいの質感です。
けれども素材は塩ビですので
水染みなどを気にすることもなく
部分的な交換もできますので
水回りや子供部屋には最適の素材です。

M・DESIGNのリノベ―ションでは
個人宅以外に事務所物件などにも
よく使う素材です。


部分リノベでもこんなに素敵に!
のご紹介、第2弾でした。

  1. |
  2. another
  3. | 22:30
  4. | comments:0
  5. | TOP ↑
« PREV|PAGE-SELECT| NEXT »